厚生労働省は2018年をメドに介護ロボットの利用を保険適用にする方向で検討を進めます。政府が20日に開いた構造改革徹底推進会合で厚生労働省が説明しました。介護の現場で入浴や移動の支援にロボットを導入したり、見守りセンサーを付けたりして、人の作業を補助することを想定。負担軽減効果を検証した上で、施設の人員配置基準の緩和なども検討します。有識者からは「まずデータを戦略的に集めるべきだ」などの意見が出されました。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM